飲食店の場合、あなたのお店に1回しか来ないお客様は、平均的なお店で7割いるそうです。
データを取らないところが多いので、実は知られていないのですが、データを取り始めると、これが明確にわかるようです。

それでは、7割の人はなぜリピートしないのでしょうか?
全員が同じ理由ではないですが、1割ぐらいは確実にこうであるという理由があるのです。

その理由は、なんだと思いますか?








答えは「お客様は、あなたのお店を忘れてしまう」のです。

「今日、久しぶりに外食しようかなー?どこに行こうかなー?」と思った時、あなたのお店がお客様の頭の中に入っていなかったら、選ばれませんよねー?当たり前ですが・・・

「そんなことないやろー?」という声が聞こえてきそうです。

よほどあなたのお店が好きだったり、
よほどあなたの事が好きだったり、
よほど印象に残るお店だったり、
何度もお店の前を通ったり、
であれば、まず忘れられることはないかも知れません。

しかしながら、1度ぐらい行った店で、印象に残らなければ、3ヶ月ぐらい経つと忘れてしまうのです。あなたも1度だけ誰かに連れて行ってくれたお店をすべて挙げられますか?

忘れてしまうと言うより、記憶の奥底には残っているので、名前を聞いたり、店の前を通ると思い出すのですが、お店を選ぼうとする時の選択肢の中には、なかなか入ってこないのです。

2度以上行けば、忘れにくいのです。これは人間の忘却曲線と深い関係があります。人間は、覚えなくても良い情報は、忘れてしまうように出来ているのです。ということは2回来ていただくことを意識したいですね?

1度来たお客様の事を「1回客」と呼ばせていただきますが、平均的なお店の場合「1回客」の70%は1度しか来ないというデータがあるそうです。一度、計測してみて下さい。逆に言うと、残りの30%はリピートするということです。

この数字を10%上げて、40%の人がリピートするようになると、その中からファンになっていただけるお客様も出てきますので、トータルでの売上は大きく変わってくるのです。

これらを踏まえて、いろいろな販促を打っていく必要があります。

売り込みにならないように、コミュニケーションを取るだけで良いのです。
アナログのはがきの方が良いと言われていますが、メールだけでも良いのです。
何らかの形で、コンタクトを取って下さい。

1回客には、絶対に売り込みにならないように気をつけて下さい。
まだまだ、あなたとの距離感があるので、売り込まれると一気に引いてしまします。
お客様の立場になればご理解できると思います。

そして、コンタクトを取るのは、忘却曲線から言うと「3の倍数」が良いと言われています。
3日後」「3週間後」「3ヶ月後」に、何らかの形でコンタクトを取って下さい。
本当はどんなことでコンタクトを取れば良いかは、ノウハウがあるのですが、長くなるので、ここでは割愛します。

あなたのお店が忘れられない努力をしていますか?

「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!

「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!



★『ブログからお店に1年間で5000人の集客ができた秘密』もオススメの教材です。



参考文献は以下のとおりです。

お客様は「えこひいき」しなさい !
価格:
中経出版(2008-04-23)
売り上げランキング: 14881


「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい! (DO BOOKS)
価格:
同文館出版(2009-03-05)
売り上げランキング: 1056


お客様を3週間でザクザク集める方法
価格:
中経出版(2010-06-16)
売り上げランキング: 14825





飲食店を経営している皆様(もしくは店長様)へ
ITを有効活用し、できるだけ0円で、飲食店の集客を研究しませんか?会員登録は無料!

また、飲食店集客支援を行なっているコンサルタント様や集客ツールを販売しているパートナー様も募集しています!





Comments Closed

最新の記事一覧

ページ上部に