神田昌典「仕事のヒント」

神田昌典「仕事のヒント」




ワンパターンの広告でも反応のある広告が、本物の広告である。


ところが広告担当者は、お客が飽きるよりも先に、自分の広告に飽きてしまう


そして目新しさを求めるが、残念ながら、広告の反応を決めるのは、目当たらしさではなく、顧客が得することがどれだけ分かりやすくかかれているかだ。


目新しさよりも、反応率を重視した広告をつくろう



神田昌典「仕事のヒント」より


そのためには、広告やDM・メールを出す際に、反応のあった数値のデータを取ることが必要ですね?そのデータを分析し、次の販促を行う。


そして、そのデータが蓄積する頃には、ノウハウが蓄積されていて、会社としては大きな財産となるでしょう!


コツコツと試行錯誤を繰り返し、PDCAのサイクルを回そう!


仕事のヒント
仕事のヒント
posted with あまなつ on 2009.12.09
価格:
フォレスト出版(2005-09-21)
売り上げランキング: 14982
おすすめ度の平均: 4.0

5『反発を感じることもあるでしょう。それが大切です。』
5毎朝一ページ読んでいます
5著者の知るノウハウの集大成!
4神田語録集
5成功法則を手放す。




飲食店を経営している皆様(もしくは店長様)へ
ITを有効活用し、できるだけ0円で、飲食店の集客を研究しませんか?会員登録は無料!

また、飲食店集客支援を行なっているコンサルタント様や集客ツールを販売しているパートナー様も募集しています!





Comments Closed

最新の記事一覧

ページ上部に