マネジメントの神様ピーター・ドラッカードラッカーは「販売とマーケティングは逆です。同じ意味でないことはもちろん、補う部分さえありません何らかの販売は必要です。しかし、マーケティングの理想は、販売を不要にすることです。マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせおのずから売れるようにすることです。」と説いています。


セオドア・レビット氏は「マーケティングと販売は、字義以上に大いに異なります販売は売り手のニーズに、マーケティングは買い手のニーズ重点が置かれています。販売は製品を現金に替えたいという売り手のニーズが中心ですが、マーケティングは製品を創造し、配送し、最終的に消費させることによって、顧客のニーズを満足させようというアイデアが中心です。」


従って、マーケティングは営業の延長線上には無い経営に近い問題である。全社員で考えるべき問題である。マーケティングは全社員に参加させなければならない今の時代、完全に顧客に軸足を移した、真のマーケティングが求められています


アドボカシーマーケティングとは?
利益よりも信頼顧客との信頼関係を築くためには、目先の利益にとらわれずに自社の利益にならなくても顧客の都合を優先させよ、という考え方のこと。時に他社製品を紹介することも


現代は、モノで溢れています。
また、インターネットというツールにより、企業と消費者は、商品に関して、同じレベルの情報が入手できる。他社製品との比較も可能となった。
その上、不況ですから、モノが売れない。供給過多である。


かといって、必要なモノは売れる。
どんな時に買うのか?
そんなことを顧客目線で徹底的に研究し、顧客に合わせて、製品やサービスを創る
その上で、顧客に合わせて配送し、必要な時にお届けする。
そんな仕組みを全社あげて行なうのが真のマーケティングである。


そして、アドボカシー・マーケティングでは、「利益よりも信頼」を重視し、長期的な顧客との信頼関係を構築していく。
その信頼構築こそが、今の時代に求められている顧客を感動させるマーケティングである。


徹底した顧客目線を考える。つまり、顧客になりきるということである。
お客様と心の絆で繋がるマーケティングである。


その仕組みを創り上げた企業がますます繁栄していく21世紀型の企業である。


ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー


顧客の信頼を勝ちとる18の法則-アドボカシー・マーケティング-
価格:
日本経済新聞出版社(2009-09-19)
売り上げランキング: 22832
おすすめ度の平均: 5.0

4ビジネスの根幹は何だったかを考える事が出来る本
5現場で接客にたずさわる方にもおススメです
5ビジネスに限るものではない
5顧客との信頼に関するバイブル本 
5倫理観ある商売

アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業 (ウォートン経営戦略シリーズ)
価格:
スカイライトコンサルティング
英治出版(2006-11-14)
売り上げランキング: 62817
おすすめ度の平均: 4.0

4ビジネスとなると実現に課題が残る
4この理想の果てにある世界は?
3原点回顧は最近の思想か?
4投資対効果の視点がないのでやや物足りなさが残る。
5今日、さらに支持される概念


ザッポスの奇跡 The Zappos Miracles―アマゾンが屈したザッポスの新流通戦略とは
価格:
東京図書出版会(2009-11)
売り上げランキング: 950


社長が知らない 秘密の仕組み 業種・商品関係なし! 絶対に結果が出る「黄金の法則」
価格:
ビジネス社(2008-10-22)
売り上げランキング: 678
おすすめ度の平均: 4.5

4顧客を「ファン」にすることの大切さ
5マーケターに絶対的におすすめ
4顧客リストが作れる業種には最適です。
5「やずや」凄いっ!
5国内がメイン市場の企業の方は一読の価値あり


西野式・夢を実現させる成功の方程式 (全巻) [DVD]
価格:
共育社有限責任事業組合(2009-08-15)
売り上げランキング:



飲食店を経営している皆様(もしくは店長様)へ
ITを有効活用し、できるだけ0円で、飲食店の集客を研究しませんか?会員登録は無料!

また、飲食店集客支援を行なっているコンサルタント様や集客ツールを販売しているパートナー様も募集しています!





Comments Closed

最新の記事一覧

ページ上部に